現在地: ニュースと話題 デイリーニュース ダバオ市長、米国人権保護団体を「偽善団体」と批判

~お知らせ~

只今ウェブサイトのリニューアル作業中です。
一部表示内容に不具合が生じておりますが、何卒ご容赦願います。
今後共ココ.phをよろしくお願いいたします。

ダバオ市長、米国人権保護団体を「偽善団体」と批判

犯罪者らに容赦の無い政策で知られるロドリゴ・ドテルテ ダバオ市長がこのほど、同氏を非難している人権保護団体に対し「偽善団体」と反撃した。5月20日付現地メディアが伝えた。

ドテルテ氏は、ミンダナオ市で発生した犯罪容疑者殺害疑惑について、ダバオ市長の職権を乱用した殺人だとしてフィリピン政府に調査を求めている米国ニューヨークの人権保護団体Human Rights Watch(HRW)に対し、「自国民の人権すら守ることが出来ない偽善団体」非難した。最近米国で発生した警察官によるアフリカ系米国人銃殺事件を指しているものとみられる。