現在地: 基本情報 歴史 フィリピンにある日本人の銅像:高山右近

~お知らせ~

只今ウェブサイトのリニューアル作業中です。
一部表示内容に不具合が生じておりますが、何卒ご容赦願います。
今後共ココ.phをよろしくお願いいたします。

フィリピンにある日本人の銅像:高山右近

マニラ市のパコ公園近く、PNR(フィリピン国鉄)パコ駅前に日本のキリシタン大名、高山右近像があります。


ukon_plaza3

ukon_panel_1

プレートは合計2種類5枚あり、1つはフィリピノ語、英語、日本語、そしてもう1つは英語と日本語で紹介されています。どれもさびれていて修復が必要だと感じられました。

ukon_panel_2jp

ukon_panel_2en

ユスト高山右近大夫長房
(1552~1615)

フィリピンへ追放された最初の日本キリシタンたちの指導者高山右近は1552年摂津の国に生まれ、1564年頃キリシタンに改宗、ユストと命名される。1573年高槻城城主、1579年に摂津の国の領主、さらに1585年には播磨の国領主となり明石に居城を置く。しかし、1587年に発布された伴天追放令の一年後に金沢へ身を引き、キリシタンの教えに専心する。1614年2月、禁教令のため長崎行きを余儀なくされ、同年11月、他の百数十名のキリシタンたちと共に、信仰ゆえにマニラへ追放の身となる。その翌年、1615年2月4日夜半、マニラ市民に惜しまれつつ、イントラムルスで帰天。享年64才。

この記念碑は、ユスト高山右近や、共にこの地に追放されたジョアン内藤、その妹ジュリア内藤やその他のキリシタンたちが築き上げた日比友好の絆を永久に残すべく、ここ日本人街跡、ディラオ(現在のパコ)にフィリピン歴史学会が建立したものである。

LORD JUSTO UKON TAKAYAMA
(1552-1615)

LEADER OF THE FIRST GROUP OF JAPANESE CHRISTIAN NOBLES WHO WERE EXILED TO THE PHILIPPINES IN 1614, WHEN JAPAN PROSCRIBED CHRISTIANITY. MORE THAN 100 MEMBERS OF JAPAN'S NOBLE FAMILIES WHO HAD BEEN CONVERTED TO CHRISTIANITY, INCLUDING LORD JUAN TOKUAN NAITO, AND MEMBERS OF THE FIRST JAPANESE CATHOLIC RELIGIOUS CONGREGATION FOR WOMEN, LED BY PRIORESS JULIA NAITO, WERE WARMLY RECEIVED IN MANILA BY FRIENDLY FILIPINOS WITH WHOM THEY LIVED UNDER A COMMONO BOND OF CHRISTIAN BROTHERHOOD.  THE JAPANESE CHRISTIANS REMAINED IN THE PHILIPPINES UNTIL THEY WERE, IN TIME, ABSORBED INTO THE FILIPINO POPULACE.

PLAZA DILAO, (PHILIPPINES-JAPAN FRIENDSHIP PARK) COMMEMORATES THE TOWN OF DILAO (NOW PACO) WHICH WAS THE FIRST JAPANESE DISTRICT IN MANILA.

ukon_panel_3jp

ユスト高山右近

日本のキリシタンの指導者高山右近はこの地プラザデラオに最初の日本人居留地を定めた

彼はキリシタン信仰の故に追放をうけ一六一四年十一月八日各修道会の神父と宣教師たち並びに約百名に日本人キリシタンと共にルソンに向け長崎を出帆した

十二月二十一日マニラに到着した一行は貴国民から友愛にみちた歓迎を受け同信の愛の絆のもとに日々を過ごした かくして彼は比日両国民の深い友情の基を築いた 右近は一六一五年二月三日マニラでその生涯を閉じた

(行年六十三歳)

ukon_panel_3en

JUSTO, UKON TAKAYAMA

AT THIS PLACE, PLAZA DILAO LORD UKON TAKAYAMA, JAPANESE CHRISTIAN LEADER, FOUNDED THE FIRST JAPANESE SETTLEMENT. BANISHED ON ACCOUNT OF HIS CHRISTIAN FAITH, HE SAILED FRO LUZON FROM NAGASAKI ON NOVEMBER 8, 1614 TOGETHER WITH FATHERS AND MISSIONARIES OF VARIOUS ORDERS AND ABOUT A HUNDRED JAPANESE CHRISTIANS. ARRIVING IN MANILA ON DECEMBER 21st, THEY LIVED UNDER A COMMON BOND OF CHRISTIAN BROTHERHOOD, THUS, ESTABLISHING THE NUCLEUS OF A WARM FRIENDSHIP BETWEEN THE FILIPINOS AND THE JAPANESE PEOPLE.
TAKAYAMA DIED IN MANILA FEBRUARY 3, 1615.

プラダデラオ比日友好公園

このモニュメントは比日両国民の友好と協力のシンボルとして建立されたものである

この計画はマニラ市長ラモンロバガチン氏の創設になるマニラ市美化婦人委員会が提唱しマニラ市並びに日本の東南アジア文化友好協会高槻市建立支援実行委員会 経済同友会 日本のカトリック プロテスタント両協会の協力の業として完成した

PLAZA DILAO (PHILIPPINES-JAPAN FRIENDSHIP PARK)

THIS MONUMENT WAS ERECTED AS A SIGN OF FRIENDSHIP AND COOPERATION BETWEEN THE FILIPINO AND THE JAPANESE PEOPLE.

THIS PROJECT, INSPIRED BY THE "KABABAIHAN SA PAGPAPAGANDA NG MAYNILA," A COMITTEE CREATED BY THE MANILA MAYOR RAMON D. BAGATSING WAS JOINTLY SPONSORED BY THE SOUTHEAST ASIAN FRIENDSHIP AND CULTURE ASSOCIATION OF JAPAN, THE EXECUTIVE COMMITTEE OF TAKATSUKI CITY, KEIZAI-DOYUKAI (THE JAPAN COMMITTEE FOR ECONOMIC DEVELOPMENT), CATHOLIC AND PROTESTANT CHURCHES IN JAPAN, AND THE CITY OF MANILA.

ukon_plaza1

高山右近像があるプラザ・ディラオの全景(後ろはフィリピン国鉄PNRのパコ駅)。