現在地: 基本情報

~お知らせ~

只今ウェブサイトのリニューアル作業中です。
一部表示内容に不具合が生じておりますが、何卒ご容赦願います。
今後共ココ.phをよろしくお願いいたします。

基本情報

クリスチャンの証明、シンバン・ガビ

クリスマスと聞いて連想するものといえば、サンタ、カモシカ、もみの木、プレゼント、ケーキ、デート、散財…でしょうか。

カトリック教徒が全国のおよそ80%を占めるといわれるここフィリピンでは、クリスマスはお正月よりも大事な行事。毎年9月に入るとクリスマスシーズンが幕を開けます。そして…

12月16日。まだ辺りが真っ暗なうちから人々がぞろぞろと教会に向かい始め、キリスト様にお祈りをささげます。この早朝集団教会通いは9日間続き、クリスマス・イブの深夜にピークを迎えます。

これがフィリピンのクリスマスにおける恒例行事、「夜のミサ」シンバン・ガビ(Simbang Gabi)。信心深いフィリピンの人たちは、シンバン・ガビを一通り済ませて、初めてクリスマスを実感することになります。シンバン・ガビは、クリスマスとは切っても切れない大事な行事なのです。1587年にメキシコで始まったクリスマスのミサがそのルーツとされています。

シンバン・ガビとはいっても、最初の8日間は「早朝4時」という異常に早い時間から始まるということ以外、特に普通のミサと変わったところはありません。人々はミサが終わると速攻で帰って寝直すか、または朝ごはんに路上の屋台で売られているフィリピンの伝統菓子「ビビンカ」や「プト・ボンボン」を買って帰ったりします。

毎朝陽が明けきらないうちに寝ぼけ眼をこすりながらもぞもぞと起き出し、くそ面白くもない(失礼!)ミサに通うのには、実は理由があります。この9日間の苦行を続けることによって自身の信仰の深さを証明し、キリストの生誕を祝う資格を手にするのです。また、共に苦行を続ける信者達の絆がより強くなり、親密さを増すという効果も期待できます。更に、シンバン・ガビを終えた暁には願い事がかなうともいわれています。

そしていよいよクライマックスのクリスマス・イブ。12月24日の夜は従来のミサの他にステージで救世主キリストの誕生の様子を再現した劇が催されたりします。無事9日間のミサを終えた後は、苦行をやり遂げたという充実感とキリストの誕生を喜ぶ至福感に包まれながら、家の人たちが腕によりをかけて作った馳走「ノチェ・ブエナ(Noche Buena)」とプレゼントの待つ自宅へと帰っていきます。若い人たちであれば、気心の知れた友達や恋人と巷の遊園地で遊んだり、二人だけしか知らないどこかに姿をくらます、というのもアリでしょう。

それではみなさん、メリー・クリスマス!

  • 作者: Michael K.

全国どこでも使える無線固定電話 Call All

最近、各キャリアが無線固定電話サービスを始めていますが、フィリピン長距離電話局(PLDT)は今年6月、コールオール(CALL ALL)というサービスを発表開始しました。

無線固定電話が初耳の方は当サイトの「無線固定電話」に関する記事を参照してください。

続きを読む: 全国どこでも使える無線固定電話 Call All

  • 作者: Atsushi M.
clowdy

台風の話

太平洋とカリブ地方で発生した低気圧はハリケーンと呼ばれ、東南アジア地方で発生した低気圧は台風と呼ばれています。台風は英語で Typhoon(タイフーン)と言い、中国の Tai-Fung(強風という意味)から来ていると言われ、フィリピノ語ではバッギョ(Bagyo)と呼ばれています。

続きを読む: 台風の話

  • 作者: Atsushi M.
girlcell

フィリピンで携帯電話を使う

何社もあるキャリア・・・契約プランそれともプリペイド・・・ 山ほどある携帯電話機種・・・ 果たしてどれを選ぶのが一番良いのでしょうか?


キャリア間や機種には特に良し悪しはありません。基本的には利用する本人が使いやすいキャリアとプラン、そして機
種を選ぶことが大事です。そのヒントとして以下を参考にすると良いでしょう。

続きを読む: フィリピンで携帯電話を使う

  • 作者: Atsushi M.

フィリピンにある日本人の銅像:高山右近

マニラ市のパコ公園近く、PNR(フィリピン国鉄)パコ駅前に日本のキリシタン大名、高山右近像があります。

続きを読む: フィリピンにある日本人の銅像:高山右近

  • 作者: Atsushi M.